モコ

モコちゃんの胸のシコリ

私がお邪魔しているブログ2件で、19日付けの日記で旅立ちの報告がありました。


「がんばる猫」のサビ猫トムちんと「優しい気持ちで・・・」のレオちゃん。
病気と闘い、ずっと頑張ってきました。
凹んでいた私に沢山、希望をくれた子達。
ありがとう!!
また大好きなママと会える日まで、ちょっとの間さよならだね。
と、頭では思うんだけど、とても寂しく悲しいです。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。



久々にデー君写真を・・・
机の上が冷たくて気持ちいいらしいcoldsweats01
De1

机以外では、床の上でまったり・・・いっちゃってますねcoldsweats01

De2

そしてデー君の妹?姉?のモコちゃんとの2ショット。
本当に「兄妹だな~」と思う瞬間が沢山あります。
よく一緒にいるし、同じ行動をしますcoldsweats02

De3

今回、我が家のお姫様、モコちゃんの病気が7月末に発覚しました。
乳腺腫瘍ですthink


7月末、右胸上に5mm程度のハッキリわかるシコリを見つけました。
当日慌てて病院へsweat01
病院で5mm程度のシコリ以外の小さなシコリも指摘され、「検査して、すぐ手術」と言われました。
私も「絶対、即手術しなくては・・・」と思ったんですが、大熊は疑問を抱き、違う意見を私に伝えてきたんです。
その時は「イヤ、絶対手術しないと・・・」と言い切り、『手術に向けてできることをしよう』と乳酸菌生成エキスの「智通」と、スクワランの「アズルロワイヤル」を与え始めました。


なんだかんだ2週間が経過した頃、最初に見つけたシコリがどーやっても見つけられないsweat02
再度、最初の病院に相談しようと思っていましたがMOMOさんが「セカンドオピニオン行ってこや~(名古屋弁だがね~)」 と、背中を押してくれ、昨日別の病院に行ってきました。
残念ながら乳腺腫瘍との診断。。。
ちっさいのがプチプチあるってweep
でも私達が納得する治療法を提案してくれましたhappy01
MOMOさん、ありがとうcrying


処方してもらったお薬は「アドパン」
人用のお薬で乳がんの治療薬です。
必ず効くとは限らないけど、これが効いた子もいるとのこと。
これで様子を見てみます。
もちろん、他にできることもしながら。


発覚から昨日までの間に、私の考えもちょっと変わって、
「出来れば、切らずに治って欲しい。いきなり『切る』は止めよう」
になりました。
一番の要因は最初に見つけたシコリの変化ですが、チビの時に知った須崎先生、手づくりご飯セミナーを受けた伊藤先生のメルマガの影響もあったと思います。
伊藤先生は「常に疑問を持って下さい。もちろん私が伝えることにも。」と。
あたり前な事なんですが、忘れてたりする事。
他にも色々あるんですが、まぁいいかsweat01


モコちゃんも目の開かないうちからミルクをあげ、下の世話をして、私が育てた大切な子です。
いつかお別れの時は来ると思いますが、それまでは一緒に頑張るから!
価値観は人によって違って、何が良くて何が悪いかは違います。
「絶対」もなければ「正解」もない。
チビ闘病中も迷いましたが、最終決断を下したのは自分自身。
自分の決断に悔いはありませんが、あるとすれば予防の段階。。。
チビが教えてくれた事を忘れずに、頑張りますhappy01

| | コメント (22)

兄弟喧嘩

水曜の夜に踏ん張りゲボをしたチビ君think
木曜の朝、キッチンでデカイウンチを2個発見。
これだけでも「すごっ!やばっ!coldsweats02」と思っていたのに、帰宅後テーブルの下で更に2個の巨大ウンチを発見!(見落としていた)
スッキリしたのか元気いっぱいなチビ君ですが、おかーさんは心配だよweep



時雨さんのブログ「優しい気持ちで・・・」でミケちゃん(三毛猫)とたるんちゃん(キジトラ?)の仲良し姉妹日記を読みました。
そーだよね~やっぱり兄弟は仲良しhappy01
と思ったら我が家では兄弟喧嘩ですわ・・・


どちらが上なのかはわかりませんが兄弟のデー君&モコちゃん。
モコちゃんは我が家で一番小さい女の子なので「末っ子」と勝手に決めてます。
小さいくせに、自分より大きな兄達に喧嘩を売るおてんば娘ですcoldsweats01



この時の喧嘩の原因はわかりません。
振り向いた時には始まっていました・・・
01
02
03
04_2
という感じで、追い出されたモコ嬢coldsweats01
どーしたかったのか謎です・・・


それでも懲りずにデー君の居るベッドに戻り、最終的には2匹で入ってました。
05
ものすごーく不満気なモコちゃん。
仲良くして下さいねcoldsweats01

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

Ateliertara いつも仲良くしてもらっている、「奇跡のねこ‘たらちゃん’闘病記」のおかんの別ブログ
「あとりえ たら」
猫ちゃんグッズ販売中
shine

| | コメント (9)

避妊手術後のさかり

1999年だったか、2000年だったか・・・あいまいな母を許してcrying
我が家にやって来たモコ&デー君&故黒ちゃん。



モコちゃんは唯一の女の子。
やはり、♂とはお顔も正確も違いますね~heart04
「かまってくだちゃい」とよく鳴くんですが。。。女子ってそーゆうもんですか?
Moko01


たらちゃんブログで記事になっていた「避妊・去勢」ですが、家は全猫手術済みです。
♂は問題ないのですが、術後も問題ありだったのがモコちゃんsweat01
過去形になっているのは、今年からその問題は突然なくなりました。



問題ってのは、術後もさかる!shock



ニャオォォォ~heart04というデカく切なげな声をあげ、クネクネ&粗相もあり・・・
その度に去勢した♂catジジがマウントしたり・・・
首を噛まれるので、モコの首にはかさぶたができるほどでした。




モコちゃんの「さかり」は年に3回ほど1週間続きました。
その度「近所迷惑にならないか」と冷や汗をかいていました。
怒ってどうにかなるものではないので、腰をもんだり、お腹をさすったりして気をそらすようにしていましたが、止まらない・・・
実際今のボロマンションに越してきてから我が家に対してではないですが、それらしき苦情が・・・



「どこからか、深夜に女性のアレの時の声が聞こえて眠れない」



と・・・
それ私の部屋の上からの苦情だったらしくcoldsweats01
私じゃないですからぁ!
管理会社は「家の猫かもしれません。猫の「さかり」の声はそー聞こえたりします。ノラちゃんもいますし。」と伝えたこともあります。
猫の「さかり」の声は、知らない人というか実際に、赤ちゃんの泣き声だったり、アレの声だったり、女性の悲鳴だったりに聞こえますよね。
猫は家だけでなく、外にはノラちゃんもいますし・・・
まぁ、その話は知らないうちになくなったし、上の部屋の人も引っ越したようです。



この術後も「さかる」というのは、最初は私も病院のミスでは?と先生に伝えましたが、「まれにある」と言う文献を見せていただき、モコちゃんは「稀な子」と諦めました。
再度手術を・・・と言う病院もあるようですが、そーゆう子はまた自分で機能を作ってしまう可能性があるらしく、再度お腹を切るのもイヤだったのでやりませんでした。
ホルモン注射も打ちましたがモコちゃんには効果ゼロ。



数年、なだめたり、寝る前に遊ばせたりと色々やってきましたが、今年突然さからなくなったんですhappy02
ちょっとだけ「クネッ」って時もありますが、それだけで終了coldsweats01
モコちゃんも8or9歳。
シニアに入り、治まったのかなぁ~と思っています。
モコちゃんの年中あった痛々しい首の傷は綺麗になり、ただ「ニャー」と甘え鳴きする日々に、一緒に過ごして来た年月を改めて考える今日この頃。。。
Moko02

この件に関してはネット検索しましたが、数件ありましたが、♂の方が多いとか・・・
でも私の周りではゼロなので、ほんとうに稀なケースだとは思いますが、あるにはあるってことで。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ  にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)