チビの心筋症

チビ 四十九日を過ぎて

15日(日)がチビの四十九日でした。
チビに触れることはできなくなってしまったけど、今はいつも私の心の中にいて、何時でも何処でも一緒ですhappy01
supitenさんが教えてくれた「永遠の存在」という言葉がとても気に入ってて、そうなったのだと思っています。
また、これまでチビへのお花を送っていただいたみなさん、本当にありがとうございます。
とても綺麗なお花に、チビも喜んでると思います。
何故かわかりませんが、チビのためのもは写真には残さないでおこうと思い、写真は撮っていないのです、ごめんなさいbearing


四十九日を過ぎたので、チビの最後の時を少しだけ書こうと思います。


14日、行きの高速でとても大きくて綺麗な虹を見ましたshine
写真はイマイチですしが・・・
Photo

15日、チビにちょっと近い所に行けた感じhappy01
心の中でお祈りしてきました。
中央の赤いウェアが私です。
Photo_2

チビの最後については、チビが生きている時から亡くなった今でも、心筋症で現在闘病中の猫ちゃんと暮らす人をはじめ、「昨日入院してしまった・・・」等でたどり着いてくれる人もいるので「不安にさせることにならないか?」と書く事は迷いました。
ただ、私自身が病気の発症時に恐れた「死」の方法を最後に選ぶ事になったので、同じように不安になっている人もいるかも・・・と思い、
「今から不安にならないで」
「今から心配したり、考えないで」

という願いをこめ書きます。


チビの最後は「安楽死」を選びました。


私自身、チビが「心筋症」になった時、検索で表示されるページには「予後は悪い」等の言葉の他に「安楽死」という言葉が多くあり、私は特にこの言葉に落胆しました。
不安で不安で「私がこの子の命を勝手に絶つなんて・・・」と吐き気がするくらい考えてしまいました。
退院し良い状態が続くとそんな言葉と不安は消えていましたが・・・


再度「安楽死」に向かい合う事になったのは、チビ危篤連絡後に病院でチビを見た瞬間。
でも今度は「恐ろしい」ではなく「チビを早く楽にしてあげたい」という気持ちで浮かびました。
詳しい状況はとても書けませんが、誰が見ても同じように思う状況だったと私は思います。


チビに謝り続け、「もう頑張らなくていいよ。いっぱい頑張ったんだから。」と何度言っても心臓は不規則に動き続けました。
私が最初に「安楽死」で悩んだばかりに、わざわざその選択肢を選ぶことになったのでは?と自分が考えた事すら悔やみました。


決めたとはいえ、すぐに「お願いします」と言えたわけでもなく。。。
そう伝えるまでにどれくらい時間がかかったかはわかりませんが、先生に伝えた後はチビは眠っているように穏やかになり、心音が止まりました。


sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04


「安楽死」については賛否両論あるようですが、私にとっては結果的に「救い」になりました。
チビにとってもそうであって欲しい。
またその場に遭遇した人しか判断できるものでしかなく、必要ならその時は来るし、必要ないなら来ないものだと、改めて思いました。


だから、もし今まだどうなるかわからない状況、希望のある状況なのに不安になっている人がいたら「今は考える必要はないよ」って伝えたい。


不安になった私が言うのもなんですが、医者に言われたからって、HPに書いてあったって、今生きようとしている子が目の前にいるなら、その子が生きることだけ考えてあげて下さい。
今は考えて不安になる必要は全くありませんから!
自分がそうだったからこそ、お願いします。


でもやっぱり願うのは、全ての人、動物に薬が不要な穏やかな最後の時を!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

Ateliertara いつも仲良くしてもらっている、「奇跡のねこ‘たらちゃん’闘病記」のおかんの別ブログ
「あとりえ たら」
猫ちゃんグッズ販売中
shine

| | コメント (26)

ありがとう チビ

あけましておめでとうございますfuji


チビの報告もしないまま、お休みしてしまいごめんなさい。
お休み中は、一度もPCの電源を入れることなく過ごしました。


沢山の温かいコメントありがとうございました。
泣いてしまうので、またゆっくりお返事させて下さい。


チビは29日に亡くなり、30日に長楽寺動物霊園でお葬式をしてきました。
境内には猫が沢山いて、なんだか安心できるお寺でした。
チビは元々毛艶のいい子でしたが、それは最後まで変わることなく、今にでも起き上がってきそうなくらい美しい毛をしていました。
お寺で火葬して頂き、大熊と二人でお骨を拾い、お骨は今自宅にあります。
骨だけになってしまったチビを見た時は、悲しいとは思わず心が少し軽くなりました。
不自由な足と体は無くなり、どんなに高いところにもジャンプでき、何処へでも行けるようになったんですもんね。


お正月休み中はいっぱい一緒にいられると思っていたら、全く逆のことが起こってしまいましたが、今はお休みでよかったと思います。
大熊は私が泣いて過ごさないように、常に私に何かさせてくれました。
大熊もチビを亡くして悲しいのにね。
チビは毎朝大熊の上に乗って、「お腹が空いたので、お母さんを起こしてください」とお願いするかのように大熊の顔を覗き込んでいたそうです。
チビがいなくなってからは、教えたわけでもないのに毎朝デー君が同じことをすると言っています。


今思えば、本当は6月の最初の発作でチビは命を亡くしてしまっていたのかもしれません。
それまでチビは私の1番の猫ではありませんでした。
順位を付けるのはおかしいかもしれませんが、私にはみんニャ同じような可愛がり方はできませんでした。
チビは自己主張もほとんどせず、抱けば嫌がり、他の猫にも遠慮してしまうような子でしたから。
でも、病気になって私が変わったからか?チビも変わりました。
私の1番の子になりました。
沢山甘やかし、いつも「チビ、チビ」と呼び、探していました。
チビもそれに応えるかのように、甘えてくれていました。
チビが亡くなるまでの7ヶ月弱は、チビを沢山可愛がるために神様が与えてくれた時間だったのだと思います。
その間、沢山の悲しみと喜びを与え教えてくれたチビが愛おしく、心から感謝しています。


今も「あの時・・・」と後悔や、自分を責める気持ちはありますが今日はチビの初七日。
長楽寺で頂いた冊子には「初七日は魂の今後の行く先が決まる日」と書いてありました。


大熊の妹が飼っていた猫のニャンちゃんが2007年に亡くなり、その翌年2008年のニャンちゃんの命日に妹は赤ちゃんを産みました。
彼女は「この子はニャンの生まれ変わりだと思っている」と言っていました。
もし私の願いが叶うなら、チビを私の子として生まれ変わらせてください。
朝、大熊にもそう伝え、今日はずっとそう祈っています。


私の願いが叶わなくとも、チビの幸せは祈り続けます。


猫なのにちょっぴりウケ口で、目が綺麗で、毛艶が良くって、甘噛みなのに普通に痛くって、赤ちゃんの時から耳手足の大きかったチビ。
一緒にいて10年になったかな。
これからもずっと大好きで、大切な子です。


いっぱい いっぱい ありがとう チビ。


【28日の写真】
最後の一週間は本当に驚くほど元気いっぱいで、私も幸せでした。
Photo


これまで応援していただいたみなさん、ありがとうございました。
チビと共に頑張ってこれたのは、みなさんのおかげです。
そして、みなさんと出会わせてくれたはチビ。
チビありがとね。


これから心筋症を起こしてしまう子のためにも何か残したいと始めたブログだったのに、それはできませんでしたが、医療の進歩と今現在闘病中の子が頑張って希望を与えてくれることを願ってやみません。
心筋症だけでなく、全ての猫ちゃん頑張って!!
そしてみんなの幸せをチビと共に祈っています。
チビは虹の橋で、みんニャが仲良くしてくれて幸せにしているはず。
みんニャヨロシクね。


なんだか和洋ごちゃ混ぜですが、とにかく良いとこどりでもチビの幸せを祈ってます!


ブログはゆっくりペースでも引き続き更新していきたいと思っています。
またみなさんのブログにも遊びにいきますので、ヨロシクお願いします。

Ateliertara いつも仲良くしてもらっている、「奇跡のねこ‘たらちゃん’闘病記」のおかんの別ブログ
「あとりえ たら」
猫ちゃんグッズ販売中
shine

| | コメント (53)

5回目・・・

またコメント遅くなっててごめんなさい。
状況がまた変わったので、ちょっとお返事待ってください。


昨晩深夜過ぎから呼吸が速くなったチビ。
酸素を吸わせて、チビも落ち着いて「みんにゃcatと寝る」という行動をとり寝たのですが、今朝8:00に入院しました。。。


朝ご飯も欲しがり全部食べ、酸素を吸わせて落ち着いていたので病院が開く9:00には病院に行くことにしていましたが、薬を飲ませたのがきっかけになったようで・・・
突然血栓が詰まった症状を起こし、開口呼吸。
動かしてはダメなのに。。。私のミスです。


状況は、肺水腫と後足麻痺です。
当直の先生には「今回は2~3日入院してもらうかも」と言われただけで、危険な告知はされていません。
また、きっと元気に帰ってきてくれるはず!


今日夕方面会に行き、担当の先生と今後の治療について話してきます。
チビは辛くて暴れたので、入院時の血液検査ができず数値がわかりませんが、落ち着いたらすぐ検査してくださるそうです。


まだまだ頑張ります。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

Ateliertara いつも仲良くしてもらっている、「奇跡のねこ‘たらちゃん’闘病記」のおかんの別ブログ
「あとりえ たら」
猫ちゃんグッズ販売中
shine

| | コメント (53)

チビ4度目の発作とニアの警告

いつもコメントありがとうございますhappy01


ニアがまた2日前からチビを怖がり始めました。
もしかして・・・
と思っていましたが、昨夜チビの呼吸が速くなり、病院に行ったら肺水腫でした。


開口呼吸まではしてなく、レントゲンの影も前回よりまだ薄い状態だったし、チビ自身が元気そうなのでまた早く退院できると思います。


「チビは大丈夫!」と思っているのですが、また迷いのために、すばやく病院に行かなかったことが心に重くのしかかってて、、、
コメントのお返事や訪問がすぐにはできないかもしれません。ごめんなさい。
でも、ホントすぐ復活できると思いますから、ちょいとお待ち下さい。


【追記】
今朝の結果を電話確認しました。
Cre、BUN共に基準値内で水も抜けたので今日退院可能とのことですhappy01
ただ今日は迎えに行けないので、明日退院。。。
ごめんチビcrying

|

3回目の発作 肺水腫

土曜の診察結果を書く前に3回目の発作が起きてしまいましたcrying
やっと楽しい日記を書ける!と思っていたのに。。。
また心苦しくなるような内容ですみません。
でも、これからの子のために情報も残したいので、許してください。
私の心は安定しているのでご心配なくhappy01


昨夜21:30頃、大熊が「チビの呼吸がおかしい」と気づき、病院に電話して行ってきました。
チビは浅く早い呼吸をしいて、胸に耳をあてるとザーザー聞こえました。
病院では血液検査&レントゲン。
レントゲンには白い影がいっぱい写っていました。
血液検査の結果、Cre2.4、BUN41に下がっていたので、利尿剤投与が可能とのことで、先生と私と大熊の3人で準備し、入院完了となりました。


数値が高いと利尿剤は使えないんですってね。
不幸中の幸いでしたcrying
2回目より早く気がつけ、まだ頑張れる体力は残っている感じでした。
早く元気になって退院してくれますように。
チビ、また頑張って!!


pencil22日(土)
土曜の診察では血液検査はなく、初の皮下点滴。
ブルブルふるえながら大人しく受けてくれました。
この時、尿の出が悪いことを伝えましたが、膀胱にはおしっこが溜まっていないとの事。「しぼってみましょうか」という先生の申し出を断ってしまったために、翌日また病院へ行くことに。。。
この時点ではチビは良好。


pencil23日(日)
「チビはおしっこがでていないみたい・・・」と迷ったので再度病院へ。
やはり詰まってたsweat01
フラッシュで開通し、尿検査。
石なし、phは正常値、赤血球&白血球の数値がおかしいので、赤血球が関係しているとの事。


そして夜に発作・・・
何度も病院に行ったり、おしっこをしぼったりで、心臓に負担がかかったのかなthink


先週はバタバタしてて、みなさんのブログにお邪魔できない期間に沢山の変化が・・・
一番悲しかったのは「猫まんじゅうひとつ下さい(=^エ^=)」のしまねこちゃんことフィーゴ君が肥大型心筋症と肥満細胞腫との闘病の末、天使になったこと。いっぱい苦しかっただろうに本当によく頑張ってた。パパもママからも愛情いっぱいうけてた。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。


これからまだまだ寒くなります。
皆さんの体調&猫ちゃんたちの体調には気をつけてくださいねheart04


今日は昨晩対応してくれた先生が午前中までは勤務しているとのことで、午前中に状況を聞きに行ってきます。


追記:午前中に先生から、退院できるまでに回復と連絡を受け、退院しましたhappy01
気づいてくれた大熊に感謝。
ご心配をおかけし、すみません。
ホント大事に至らなくて良かったぁ~crying

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

Ateliertara いつも仲良くしてもらっている、「奇跡のねこ‘たらちゃん’闘病記」のおかんの別ブログ
「あとりえ たら」
猫ちゃんグッズ販売中
shine

| | コメント (15)

退院

「経過順調」からいきなり「退院」記事になってしまいましたcoldsweats01
医師も「すごい回復力」と言ってましたgood
これからの経過次第で喜べるし、悪い方向へ行けば・・・
でも、まだチビは「生きる」運命であることには違いないです。
神様ありがとう!
頑張りますhappy01


pencil11月7日(金)
面会に行ったら、救急でチビに対応してくれた先生でした。
(今後はこの先生が主治医)
チビはまだ酸素室内でしたが、酸素濃度は25%までに下がっていました。経過を説明してくれ、順調であること、足も温感を取り戻し壊死の心配からは回避できるであろうとのことでした。
ただ、腎臓の数値を示すBUNとCreが悪くなっていて、チビは点滴中think
この日の20時に酸素室から出し、翌日のレントゲンの結果で翌日退院という話になりました。
食欲はないけど、少しは食べている状態。
でも嬉しいこともあり!
チビは私と先生の前で立ち上がり、大きく伸びをして下半身麻痺ではなくなっていることを見せてくれましたhappy01
そして私と二人きりになったとき、ちょっとですがご飯を食べている姿も見せてくれましたcrying
0041


ここで、前日別の先生から言われた「血栓は溶かさない」ということを聞いてみました。
この病院は「1度できた血栓は薬では溶けない」という見解のようです。
またチビの発作が2回目ということも考慮されているとのことでした。
ですが、元気になりサラサラ血になればその赤血球が血栓を破壊してくれる場合もあるから、望みは捨てていないとのこと。
※それについて検索したら、人間の血栓の場合で同じような説明を見つけることができました。
でも血栓はやはり心配。こちらの病院でも「ルンワン粒」の検討をお願いしてきました。資料を後日持って行ってきます!
また、時雨さんからいただいた情報の「水蛭」も一緒に持って行ってきます!
ありがとうhappy01


pencil11月8日(土)
朝電話で退院できるかどうか確認。
主治医のT先生と話ができ、退院の嬉しい結果がでましたが、、、
腎臓の数値が上がっている(悪い)ので腎不全の診断も出ていましたthink
今後は腎不全の治療も合わせて行うとのこと・・・


チビを引き取りに行ったのは夕方。
私を見たチビは全然嬉しそうではなく、看護師さんにスリスリcoldsweats01
どーゆうこっちゃsweat01
まぁ、おかんが前に「怖くてもスリスリするよ」って言ってたし&よくしてもらえた&私が思っている以上に人懐っこいのかもねthink
主治医の先生は不在でしたが、先生からの手紙をもらい、他の先生からの説明あり。
目の前で投薬させられたcoldsweats01
1錠はすぐOK。でも家より拒否る力が強く2錠目は失敗したので、病院でシロップに溶かして飲ませてもらいました。
「すごい回復力」と言ってくれたのはこの先生で、2回目の発作と伝えると、更に驚いていたので、やはりチビは運が良かったのかなthink
【帰宅後のチビ】
Photo_2


帰宅後はリラックスしていました。
ファンヒーターをつけてあげると・・・
Photo
なんとニアがチビの横にいますcoldsweats02
チビの発症前にニアが異常にチビを恐れたのは、動物が持つ能力が働いたのではないか?とも思っています。友達も同じ事を言ってくれました。これについてはまた別途書きたいと思います。


チビ用に新しいベッドを購入し、レンジでチンする湯たんぽを入れてあげました。
顎の下に湯たんぽがあります。
2
これくらいリラックスしていましたcoldsweats01
3
白目向いてます(笑)


腎不全も出てきて、更に気が抜けない状況ですが、少しでも長く穏やかな生活ができるように頑張ります!!
今後はこのK病院におせわになります。
私達の力になってくれる良い先生・病院でありますように!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

Ateliertara いつも仲良くしてもらっている、「奇跡のねこ‘たらちゃん’闘病記」のおかんの別ブログ
「あとりえ たら」
猫ちゃんグッズ販売中
shine

| | コメント (16)

経過順調

励ましのメッセージありがとうございます!
ガンバルup


最初の時よりは知識も情報もあるのでうろたえてはいませんが、何度も何度も同じ検索ばかりしてしまうのは前と一緒coldsweats01
新しい情報ないですねぇthink


最初の発症から5ヶ月が経過し6ヶ月目に突入!って時に起こりました。
以前読んだ記事で「最初の発症から6ヶ月内に再発・・・」と書かれていたのがずっと気になっていて、「その通だった・・・」とちょっと悲観的になりましたが、読み直して復活up
これ


教科書的には、最初の血栓塞栓から、6カ月以内に再発が起こり、2度目の発作でほぼ100%が亡くなってしまうことになっています。


しかし、この6カ月目を過ぎて生存した場合、2年から3年程度生きながらえる事があるようです。
僕の経験では、6頭の心筋症のネコのうち2頭が生き続けました。
また、4回以上の血栓塞栓から回復した子もいました。

この病気になったからといって、決して悲観せずに治療を続けて上げてください。
神様が、たくさん奇跡をくれることもあります。



くちょ~私もチビも負けないpout


と思えるのも昨日のチビの様子が、またグッと良くなっていたからです。
やはり目の前の状況には左右されますbearing
ご飯は食べてないようですが・・・
食べていないだろうなぁと思ってマグロのお刺身持って行ったのですが、「お刺身はちょっと・・・」とダメでしたcoldsweats01
今の状況ではマグロでも食べないかもしれませんが・・・


お座りできてました。見えます?
0040

「ちょっとだったら開けて触っていいですよ」と言われたので手を入れたら、ケージの奥からトコトコと歩いて寄ってきました。とりあえず歩けるようになってますcrying
嬉しそうに私の手にズリズリして可愛い声で鳴いてました。
そうだね、お家帰ろうねhappy01
0039

肺水はほとんど抜けてます。
BUN、Creの数値も入院時より下がっているし、異常な数値ではないから安定するでしょうと言われました。
酸素室から出して普通に呼吸できるようなら、後1日か2日で退院できるとのこと。
「経過は順調と思っていいんですか?」
と聞いたら
「順調です」
との返事。
私から見ても順調にしか見えないけど、ホントかなぁ~despair


この病院は面会に行く度、と言ってもまだ2回しか行ってませんが、毎回違う先生が3,4人います。(救急で対応してくれた時は先生1人)
HPを見直したら「スタッフ紹介」があり、医師8人、看護師7人とわかりました。
建物は全然、大きくもなく、立派でも綺麗でもないです。


昨日行った時に「血栓は溶かせないので、血栓ができない薬の投薬になります」と言われました。
あれ?ネットで検索した時は治療として血栓を溶かすって記事があったのに、、、
と再度検索したら、「血栓溶解剤の投薬はリスクが大きく、使用後数日で死亡」というような内容がありました。
リスクがあるのは怖いですshock
でも血栓がなくならない限り、また詰まるんじゃないの?
再度「ルンワン粒」が浮かび検索しましたが、5ヶ月前と同じ程度の情報しかありませんでしたthink
このまま今の病院での診察に切り替え、使用を検討してもらおうと思っています。
ここでダメと言われても、使用している病院に問合せよ!って思っていますsweat01
今のところ、このサプリしかヒットしてこないので。。。
また情報等ありましたら教えて下さい。
よろしくお願いしますshine


今日も面会行ってきますbicycle
悪い状況にはなっていませんように(-人-)



pencilメモ
ジルチアゼム(検索結果:血管拡張剤)
エナラプリル(検索結果:血圧低下、利尿作用)

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

Ateliertara いつも仲良くしてもらっている、「奇跡のねこ‘たらちゃん’闘病記」のおかんの別ブログ
「あとりえ たら」
猫ちゃんグッズ販売中
shine

| | コメント (10)

心筋症再発 両後足麻痺と肺水腫

猫戦争へのコメントありがとうございました。
レメディ3種類と「フェリウェイ」をネット購入し、到着待ちです。
使用後の効果や変化がでたらまた報告しますね。



私と猫達ために、みなさんが親身になって書いてくださったコメント。
月曜のニアの状況が非常に悪く落ち込んでましたが、嬉しくて元気でました。
ありがとうございました。
また、このコメントから「たらちゃん」に匿名での投稿があり、ご迷惑をかけてしまったことをお詫びします。
私の悩みから、書いた人、書かれた人、読んでしまった人、さらに書いてしまった人、全ての人を嫌な気分にさせたことを申し訳なく思っています。
ごめんなさい。



育てる経過や方針に違いはあるけれど、猫が好きで猫と暮らしているのはみんな同じ。
人も猫もみんな楽しく穏やかな日々でありますように。



catチビ 心筋症再発 両後足麻痺と肺水腫

チビが心筋症の症状を再発させました。
5日(水)朝3時、ズルズルという音で目を覚ますと、チビが後右足を引きずっていました。
その後ゼェゼェ言い出したので、肺水腫も発症しているとわかりました。
24時間対応の病院に入院できましたが、私が気づいてから1時間半が経過しており、両後足麻痺になってしまいました。



処置はこれまで読んだブログ、心筋症で肺水腫を発症した猫ちゃんたちと同じだと思います。
酸素室に入り、肺水を抜くため利尿剤を点滴で入れ、血栓に対する処置は肺水が抜けた後とのことでした。



昨晩20時に帰宅し、ご飯をあげた時はすごく元気でした。
その後眠っているチビのお腹の上下が速いことに気づきました。
その時迷わず連れて行っていれば・・・



1時間半もかかってしまったのにも、迷いがあったからです。
掛かりつけの病院には留守電に「可能な限り早く診察お願いします。」とメッセージを残し、ジジが行った病院に電話。
先生の携帯に繋がりましたが、最初はわけがわからない様子。
その後「点滴しかできない」と言われ「ここはダメ」と察知し、お詫びを言い切りました。
過去に心筋症になり、またその症状が出ていると伝えているのに点滴しかできないなんてありえない。
「夜間料金もかかりますし、朝かかりつけの病院に行かれたほうがいいですよ」
とも言われ、瞬間迷ってしまいました。。。お金じゃなくって



朝までこのままでも大丈夫ってこと?



チビの様子を見ていたら、とても朝まで待てませんでした。



血栓が詰まって血液が止まっているんだから、1分1秒でも処置は早いほうがいいに決まってる!


と、再度ネット検索し1件に電話。
その後24時間絶対対応してくれる病院にたどり着きましたが、この病院は以前見つけていました。
見つけたときにブックマークしていれば、もう少し早い対応が出来たのに。。。



私の心筋症再発への危機感が低すぎた・・・と悔やまれますが、今は悔やむより前に進みます。
ニアのことも心配で、寝たのは2時。
私は寝つきも早く、寝たら起きないので、自分が目覚めたことに驚いてます。
大熊も私が起きたことに驚いていました。
命を救うために与えられたチャンスではないかな?と思います。
最初の発症時より冷静ですが、悲しく不安なのは同じ。
足も今回は覚悟していますが、できることはやります。
また迷ってたら、背中押してください。お願いします。



------------------------ここまで書いて保存中でした。




終業後、面会に行ってきました。
酸素室に入っていますが、とても元気そうでした。
顔つきもしっかりしています。
0035
ペロペロと自分の体を舐め、発症時に比べ足も動くようになっていましたが、下半身は動かないようでした。
入院時より肺水は抜けているとのことで、ちょっと安心。
隣のケージにゴールデンレトリバーがいて、私に尻尾をフリフリしてくれたのですが、その尻尾が金属のケージの壁にあたりゴンゴン。
そんな音にもまったくビビル様子もありませんでした。
ご飯が療法食の缶詰だったので、療法食はカリカリを好んで食べると、看護師さんに伝え帰宅しました。



まだまだ安心できませんが、今日は眠れそうです。
今はチビが無事戻ってくることを祈ってます。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

Ateliertara いつも仲良くしてもらっている、「奇跡のねこ‘たらちゃん’闘病記」のおかんの別ブログ
「あとりえ たら」
猫ちゃんグッズ販売中
shine

| | コメント (18)

入院中まとめ書き

pencil2008年6月4日(水)

終業後、病院に電話を入れ、チビの容態を聞くが、変化なし。
面会がOKだったため病院を訪問。
元気が全くなく酸素吸入器の中でうつろな目をしたチビ。
ご飯も全く食べられないとのことcrying

呼びかけるとチラ見するが、全く動かない・・・
首には点滴を外さないようにカバーがつけられていた。

明日木曜日は病院がお休みなので、連絡も取れず顔も見れないweep

私の手は赤く腫れてしまい、心臓より下に下げると痛く、キーボードもまともにうてない。
この傷が治る頃、チビも一緒に治るはず!

pencil2008年6月6日(金)

終業後、また病院に電話。
入院室で点滴中とのことで、面会はできなかったけど朗報ありshine
自分でご飯を食べるようになったとのことhappy01
意識がハッキリしたことに、ホッとする。

私の手も今日は難なく動かせるようになった。
この傷は本当にチビと繋がっていたのかもしれないと思った。

ネットの検索では「数日で・・・」とあったが、とりあえずそれは乗り越えられたのか?

チビ頑張ってup

pencil2008年6月7日(土)

お母さん失格・・・
ちょっとホッとしたのか?病院に連絡をするのさえ忘れてしまった・・・
ごめんチビ。。。

pencil2008年6月8日(日)

病院に電話後、彼と一緒に病院を訪問。
首にカバーはつけたままだけど、しっかりした顔つきになっているhappy01
私と彼の顔を見ると目がクリクリと動き、嬉しそうだった。
診察台の上に置かれたチビをなでなで。
チビも嬉しそうにスリスリしてきた。

症状が出たときは、何もわからなくなっていたようだけど今はしっかりしている。
良かったcrying

でも、まだ退院はできない。
帰る私達に気づき「ファ~」と悲しそうな声を上げた。
「何処行っちゃうの?僕は?」と切ない顔をするチビに私も彼も胸が締め付けられるようだった。

pencil2008年6月9日(月)

電話のみでのチビの容態確認。
ご飯は食べて落ち着いているが、血液検査の数値が悪いとのこと。

pencil2008年6月10日(火)

終業後、面会に。
この日は待合室に患者さんもいなく、ゆっくりチビに会うことができた。
首のカバーも取れ、表情もグッとよくなっているhappy01
私に体をひっつけ、甘えるチビheart01
と、思ったら先生にも「ニャー」と鳴いて、「なぜて」と言わんばかりに頭を突き出すsweat01
ちゃんとしてもらっているんだと安心し、改めて先生を信頼した。

足もマヒしたままだが、「このまま病院にいても、変化は見られないかもしれません。容態が落ち着いているようなら今週退院をしましょう。」と先生に言われる。
チビが帰ってくるのは嬉しいけど、もし帰ってきて容態が急に悪くなったら?という不安も。。。

退院は金曜に決定。
それまでに、足が動くようになってくれればいいのに。。。

pencil2008年6月11日(水)

チビのケージを買いに行くために、病院へは行かず電話確認のみ。
足には変化なし。。。

pencil2008年6月13日(金)

チビを迎えに病院へ。
先生が
「どうも右足は動くようです。試しに床に降ろしたら3本足で出口に向かって歩いて行きました。左足はまだ動きませんが、期待できますよ」
shine
薬の飲ませ方(朝1錠、夜4錠)を聞き、お金を払い帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心筋症のはじまり(後足マヒ)

2008年6月3日(火)

いつもと同じ朝の8時35分頃。
便秘症のチビ(9歳♂)は、トイレで格闘中。
そろそろ会社に行こう。
と思った次の瞬間、チビが下半身を引きずり、叫びながら部屋の中を這いずり回りだした。
ただ事ではない気配に、他の猫も怯える。
慌てて、キャリーケースの中に入れ、会社へ「遅刻」の電話。
病院は9時から。家から行きつけの動物病院までは車で5分程度。
ちょっと早いので待つことにしたが、キャリーケースを噛み、蓋の覗き窓に頭を叩きつけ壊してしまったため、仕事へ行く前の彼と慌てて病院へrvcar
到着後5分も経たないうちに先生に診てもらうことができた。(9時頃)

ケージから診察台に乗せても激しく暴れるチビ。
次の瞬間、なだめようとする私の左手首にガブリimpact
更に右小指付け根にガブリimpact
こんなことは初めてなので、ショックだった。
その後チビは呼吸が荒くなり苦しそうに横たわってしまった。

私の傷が酷いのを見た先生が、看護婦さんに消毒の指示をして下さり、その間も先生はチビの内後足の辺りを触り診察。

悪いこと言われなければいいなぁ~

という期待も空しく、

「心筋症による血栓が動脈に詰まったようですね。すぐ処置をします。」

と言われた。

心筋症?

よく知りもしないのに瞬間で「これは非常に悪い状況」と感じたのか?私は足の力が抜け、立っていることができず、その場で泣き崩れてしまった。
TVで患者の家族が医師から恐ろしい病気だと告知された時に倒れるけど、それと同じ感じだろうか?

更に先生は説明を続ける。

「治療法としては手術で血栓を取り除くか、内科的な処置を行う方法がありますが、うちでは内科的な治療しかできません。手術を希望される場合は他の病院を探していただくことになります。」

手術!

こんな小さな体にメスを入れるなんて・・・
お金もいくらかかるの?

瞬間に色んなことを考えたけど、知識が全くないため答えが出せず、そのまま先生に治療をお願いすることに。

出勤後も仕事が手につかず、ネットで「猫 心筋症」で検索し、出てくる結果に声が出そうになるのを押さえ、泣きながらクリックし続けた。

予後は悪い・・・
数時間又は数日で死亡・・・
安楽死を・・・

出てくるのは恐ろしい言葉ばかり。
絶望的だった。

そんな中「にんじんちゃん」の記事を見つけたが、病院は遠くまた絶望。

でも、治っている子もいる!

と、かすかな希望も持てたが、次から次へ表示される恐ろしい結果に、希望はすぐ消されてしまった。

もし何かあれば病院から電話してもらうことになっていたが、電話はなかった。
終業後、私から病院に電話をかけ容態を聞いたが、喜べる状況にはなってなかった。

「鎮静剤で暴れるのをおさえ、酸素吸入を行っています。今日は面会はご遠慮いただいたほうが・・・」

と先生に言われたので、面会は諦めて帰宅。

土曜日にチビは後足を引きずっていた。。。
「くじいたのかも?」と様子を見ていたら、翌日午後には普通に歩くようになっていたので病院には行かなかったけど、今思えばそれが予兆だったに違いない。
あの時連れて行けば、後足マヒを起こして苦しむことはなかったかも、、、と悔やまれる。

こんな日に限って彼は用事があり帰宅が遅く、一人泣き続けた。
他の元気な4匹の猫はチビがいないことわかっているのだろうか?
黒猫で賢い子ジジがずっとそばにいてくれた。
気持ちがわかるの?
この子達もいるから頑張らないと!と思い、彼が帰宅する頃には気持ちも落ち着いた。
ただただ祈りながら眠りについた1日目。

※動物先生の勧めで外科へ行き、腕の傷を処置してもらいました。午後から痛くて物も持てないくらい腫れてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)