« 2009年8月 | トップページ

2009年9月

お休みします

ご無沙汰してますhappy01


仕事が忙しく、ちょっとストレスきてます。。。
更新はしばらくお休みしますが、また皆さんのブログにお邪魔しますね~


では、ちょっくらおやすみなさいsleepy

| | コメント (0)

やっぱり縁なのね・・・

マンション下の駐車場に黒と牛の兄弟猫がいます。
時々、遊んでいる姿をベランダから見るのですが、と~っても可愛いlovely
別の駐車場にご飯が置いてあるので、そこでご飯は食べていると思いますがつい・・・
みゅう太の件で大熊に「ご飯あげ」は禁止されてますが、大熊に内緒で時々ご飯をあげてます(笑)
猫達に接することなく、置いてくるだけ。
が、先日バラしましたcoldsweats01


ある夜、ご飯を置いて部屋に戻った数分後、大熊が帰宅しました。

大熊「黒と牛がご飯食べてたhappy01


私「へ~食べてたんだhappy01


大熊「このマンションでも、誰かがあげてるんだね~」


私「私なんだけどcoldsweats01


大熊「えっ~おまえかっ!coldsweats02


全く私だとは思ってなく「小熊のような人が他にもいる」と思ったそうです。
どんだけ鈍い夫なんでしょうね・・・coldsweats01
「接しない」条件ならOKだそうです(笑)
大熊も猫大好きなのでが、「これ以上増えては困る」と思ってるだけなので。

モコちゃんもトンネルの穴から顔を出す・・・
Photo


突然ですが・・・


猫下さい!


友人宅で必要としています。納屋番として!
1度話が決まったのですが直前で飼い主さんが「やはり家で飼う」と・・・
ご飯もトイレも色々用意してくれてたんですがsweat01
友人は「雑種でいい、なんでもいい」と言いますが、最終決定権を握るのは友人母。
なので、なんでもいいわけじゃないようです(笑)
顔が白っぽい+キジトラ(グレー)希望。
前いた子がこの柄で、性格もとても良かったそうでcoldsweats01


オバQのような口は誰の口?
Photo_2


納屋番なので完全室内飼いではないです。
里親募集を見ても「完全室内飼い希望」ばかり・・・
友人に里親募集を見せたらガッカリしていましたが、「そーゆう気持ちに反したくないし、嘘ついてまで欲しくない」と言ってました。
「納屋は全部猫の物だし、ご飯だって美味しいものあげるし、大切にするから」
と懇願され探してます。



友人は岐阜県在住。
名古屋市なら私の住所で愛護センターから引き取ろうと思い、名古屋のセンターに問い合わせたら、「順番待ちで、柄は選べない」と言われ、岐阜市に問い合わせたら「岐阜市に保護施設はありません」と言われ、他県に問い合わせると「県外の人はダメ」とのこと。
勉強になりましたsweat01


答えはジジでしたぁ~って、わかるか(汗)
Photo_3


里親に出す側、受け入れる側の希望、条件ナドナド・・・
やっぱり一緒に暮らすのは「縁」あってのことなんだね~
って、改めて思いましたcoldsweats01
友人も「待つよ」と言ってます。
友人宅に来る予定の運命の猫ちゃんはきっとどこかにいる!
焦らず探していきますhappy01


愛知・岐阜近郊でいたら、ヨロシクにゃのね!
Photo_4

| | コメント (18)

夏の思い出写真

もう9月sweat01
残暑厳しいですが、朝晩涼しくなり、セミの声も聞かなくなりましたね。
ベランダも快適のようですhappy01
Myu

我が家の夏の恒例行事?と言うと「セミ」。
セミとみゅう太の「夏の思い出」写真です。
虫嫌いな人は、飛ばしてくださいcoldsweats01


ある日の朝、黒い子が「ヴゥゥ~」と言いながら、私の横を走り去る。
かすかに「ジジッ」と聞こえたような・・・
その後を追う猫達、私も追うdash
そこで見たものは、、、

どや! byみゅう太
Myu01


誰にも渡さないにゃ!
Myu02

ちょっとだけなら見せてあげる。。。

Myu03


取り上げようか?と迷いましたが、これもセミの運命かと・・・
朝、外出前の出来事で、そのまま出かけました。
帰宅後には何も残っていなかったので、キレイにたいらげたようです。。。


みゅう太はジジほど機敏ではないので、働きを終え、弱ったセミが我が家のベランダに来たところをゲット!したんだと思います。
「また落ちてこないかにゃ~?」とでも思っているのでしょうか?
毎日ベランダ活動に勤しむみゅう太でしたcoldsweats01
Myu04


話は変わって、モコちゃんが行った病院での話です。


私達が病院に到着した時、診察中1匹(ゴールデンレトリバー)、診察待ち2匹(ヨークシャテリア・ラブラドールレトリバー)、お薬待ちの方1名がいました。
私達2人が入った後にすぐ、これまたデカイ ゴールデン3匹登場coldsweats02
待合室満タンsweat01

わ~ココはでかい子専門病院か!


と思いましたが、偶々デカイ子が集まったようですcoldsweats01
あ~ビックリした(笑)
私と大熊はヨークシャテリアの方の横に座ったのですが、可愛いヨークシャちゃんが私に「かまって」ビームを送り続ける・・・
ので、ナデナデして、飼い主さんとお話してましたhappy01


その後、薬待ちの女性(70歳以上だと思う)が、私の所に来てくれ、お話しました。
(大熊はトイレ)
女性は猫を7匹飼っているとのことcoldsweats02
モコちゃんを見て「キレイなグリーンの目ね」と褒めてもらえ、嬉しかったですscissors
話の中で胸がキュンとすることを言われました。

女性「猫ちゃんは、何歳まで生きるのかしら?」

私「15、16歳くらいか、もっと・・・」

女性「そうなの。良かった。私より先に逝くのね。猫より先に死ねないから。」

と、ニコリと嬉しそうに言われたんです。
その女性の猫ちゃんはみんな拾った猫で、約9歳~10歳だそうです。
その他のことも楽しくお話したのですが、モコちゃんをなでてくれた手は曲がり、帰られる時に見た背中も変形していました。


病院に到着した時、中学生の頃からの親友からメールを受信しました。
「今朝父が亡くなりました。71歳でした」
このことも重なったのだと思いますが、薬を受け取り、帰られる女性の背中になんとも言えない気持ちになりましたが、自分自身の死生観を改めて考えさせられましたthink


私はそんなにお話してませんが、私が支払中に大熊がゴールデン3匹の飼い主の方と話したそうです。
大熊は「もー沢山すぎて何を何匹飼ってるかわからんsweat01」と言っていましたが、ゴールデン3匹の他に犬4、5匹、猫4匹とか言われてたそうですcoldsweats01


病院自体もこれまで行っていた病院と全く違う感じだったし、初日から濃い病院デビューになりましたcoldsweats01
でも色んな方の話を聞け、良い待ち時間でしたgood

| | コメント (16)

« 2009年8月 | トップページ