« 今日も穏やか | トップページ | お気に召さないようで・・・残念! »

脈復活

土曜日にチビの診察に行ってきました。
体重は6.1kg・・・デカイsweat01
でも、ピーク時よりは痩せてます。
経過は、まだ左足の動きは良くなりませんが良好の様子。
手で触っても脈の動きが感じとられないと言われていた左足にも、脈があるのがハッキリわかるようになったそうです。
とりあえず壊死で足を切断という状況からは逃れました。
ステロイドも半錠から4分の1錠に減り、かなり小さくなり飲み込みやすくなったので、少しは薬のストレスが軽減されたかと思いますgood

ただ、左足を引きずって歩くのと、寝る向きが一定になりがちということから傷ができてしまいました。

Imgp7099

薬を塗ってはいますが、自分で舐めてしまうので、なかなか治りにくいとは思います。
これ以上酷くならないように注意しなくてはdanger



先生にお願いしておいたルンワン粒の使用については、先生の繋がりの先生方も使用されておらず、明確なデータがない等の理由で今回は見送りました。
地域によって違うのかもしれませんが、私自身も経過が良好なら、薬を飲むストレスは軽減させたいなぁ・・・と。



同じ症状で病に倒れたミミちゃんが虹の橋に行かれました。
心からご冥福をお祈りします。
残念で、悲しく複雑な気持ちです。
チビは後足マヒを起こして一命をとりとめましたが、ミミちゃんは虹の橋に・・・
年齢も違いますし、ミミちゃんは別の病気も持っていたので状況は違います。
ミミちゃんの「運命」、「猫生」と言えばそうなってしまいますが、それで片付けたくない気持ちです。



ですが、ミミママさんも探された、希望の子であり続けられるようにという思いも強くなりました。



猫の「運命」もありますが、私が猫と出会った「運命」もあります。
チビが病気になったときは「運命」の残酷さに嘆き「悲しい」運命だけに傾きそうになりましたが、ある時「そうじゃない」と気づきました。
自分がチビと出会い、これまで一緒に生きてきた年月はちゃんとある!と、チビの状況は悪いにしろ改めて「出会い」という運命には感謝しました。



ミミちゃんとミミママさんは「別れと」いう悲しい運命を迎えたけれども、その前には「出会い」という素晴らしい「運命」もあったのだと。。。
そしてミミちゃんの姿を目で見ることはできなくなってしまったけど、これからも一生一緒に生きていくんだと。。。
人事のようには思えず、自分にいい聞かせています。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ  にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 今日も穏やか | トップページ | お気に召さないようで・・・残念! »

コメント

よかったぁ~^^

チビちゃん薬も減って、切断も免れて、
本当に本当によかったね♪

ミミちゃんに心よりご冥福を・・・
でもミミちゃん、一人ではないからね。
うちのマリンが先に虹の橋に行っているから、
会ったら仲良く遊んであげてね。

ミミママさん、言葉が見つからないので、なんて言ったら良いのか・・・
過酷な闘病生活本当にお疲れ様でした。
ゆっくり、心も身体も休んでくださいね。

投稿: ニャンママ | 2008年7月 1日 (火) 00時31分

ミミちゃんには心からご冥福をお祈りいたします。

チビちゃんのキズ痛そうですね。
ほんと、薬塗ってもすぐ舐めるから困りますよね。

ポンの時は病院の先生から、猫ちゃんの舌は
ザラザラしているので、傷口に刺激を与えるため
できるだけ舐めないようにしてあげて下さい。と言われました。
・・・そうは言っても、難しいですよね。
寝ている隙を狙って薬を塗っても、起きて舐めてしまう。

私の場合、ある程度傷口のじゅくじゅくがなくなってきたら
薬を塗りませんでした。(2~3日位)
舐めることによって傷口に刺激を与え、治りが遅くなるような
気がしたので。
そしたら、あっという間に『つ』になりましたよ。

すべてがポンと同じとは限りませんが、参考になれば幸いです。

このキズも早く治りますように☆


投稿: みゅう | 2008年7月 1日 (火) 01時15分

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/illuminatemp/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2008年7月 1日 (火) 01時53分

cloverニャンママさん
マリンちゃんも虹の橋でしたねweep
まだ全記事を読んでませんが、マリンちゃんホント優しい子というイメージを持ちましたよ~

みんな虹の橋でまた会えますからねshine

でも、そう簡単には行かせたくないですねsweat01

cloverみゅうさん
ありがとうございます!!

そうでした、猫の舌はザラザラで、舐めると酷くなりそうなsweat01
薬を塗ったら、他の子が舐めようとしてたし、油断できませんcoldsweats01

ポンちゃんも傷できてましたもんね。
場所は違いますが、同じような経過をたどってますよね。
大したことはないのかもしれませんが、ちょとのことにドキドキしてしまいます。

投稿: 小熊太郎 | 2008年7月 1日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/249134/21985494

この記事へのトラックバック一覧です: 脈復活:

« 今日も穏やか | トップページ | お気に召さないようで・・・残念! »