« 現在の薬 | トップページ | トイレ »

存在の大きさ

チビ君は相変わらず小食・・・
じゃなくって、食欲がないのかdespair
でもぜんぜん食べないわけじゃないから、、、

今日はチビが病気を発症してからの私のことを。。。

チビに心筋症の心配と、噛まれた腕が自由に動かせなかったストレスかな?
私の心はおかしくなっていた。
ホント、周りが見えなくなってたなぁ~sweat01
チビが退院してから少しずつ安定し、今は大丈夫good
改めてチビの存在の大きさ、チビだけじゃなく他4匹の猫達の存在の大きさに気づかされた。

心筋症とわかってから、ネットで「心筋症」を検索すると悪い結果ばかりで、良くないことしか思い浮かばなかった。
普段は前向き、常にプラス思考のはずなのに、どうやっても沈んだ気持ちになってしまう。
悪いことがあっても「プラスの勝利!」となるところがそうならず、前向きになれない焦りと不安で、心のバランスが少し崩れてしまったのかもしれない。

そして、その被害を被ったのが彼。
6年間つきあい、今年結婚する予定になっている彼と別れを考えた。。。
大好きで、喧嘩という喧嘩もなく、一生この人と一緒にいよう!と思っていたのに、チビが病気になった途端に、「別れたい」という気持ちになるなんて、、、
笑えず、返事も冷たかったり、トゲのある言葉を吐いたりしていただろう。
弱い私でごめんねcrying

今も心にひっかかっているのは「安楽死」という言葉。
今まで考えたこともなかったけど、本当に恐ろしい決断だと思う。
動物は人間と同じ言葉を話さないから意思の疎通が難しい。
苦しんでいるからと、もうこれ以上苦しませたくないからと、私に命を終わらせる決断ができるのか?私が決めてもいいことなのか?
と、まだその状況になってもいないのに苦しくなった。

今回はその必要はなかったけれども、もしかしたら決断を迫られる日もくるかもしれない。
人間でも問題になっているくらいなのに、、、
彼に話したら、彼の叔父さんが病気で苦しんでいる姿を見たときは「もう楽にしてやって・・・」と思ったらしい。
それほど激しい苦しみって・・・今の私には想像できない。
病気の人も苦しいけど、それを見ている周りの人も苦しい。

病気ってやだな。怖いな。。。

いつも何か試練にぶち当たると
「それを乗り越えられる力があるから、その試練が神様からあたえられた」
と思っている。
信仰心が強いわけでもないけど、そーゆう時だけ神様を引っ張り出している(笑)
でも、決して自分ひとりの力で乗り越えられているわけではないと教えられた。
彼の支えだったり、横でスヤスヤ眠るミーミーズの寝顔に癒されたり。
その全てが、私にとってすごく大切な存在だと改めて気づかされた。

見慣れているはずの猫の寝顔も、違って見えた11日間。
そこからブログ名は「猫はどんな夢を見る」に。

|

« 現在の薬 | トップページ | トイレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/249134/21759900

この記事へのトラックバック一覧です: 存在の大きさ:

« 現在の薬 | トップページ | トイレ »